業者を比較して決めよう

何が必要なのか調べよう

どこの業者でも、身分証明書が必要になります。
住所や本名が記載されているものなら何でも良いので、運転免許証やパスポートが利用できます。
簡単に口座を作れる業者なら、それだけで大丈夫です。
たくさんの書類を用意するのは大変ですし、時間が掛かります。
すぐ仮想通貨を購入したいのに、準備に戸惑うかもしれません。

業者の特徴を調べて、身分証明書だけで良いところを選択しましょう。
簡単に手続きが進むサービスをしているところなら、取引を始めたいと思った時にすぐ開始できます。
準備に時間が掛かると、次第に面倒になってしまう可能性があります。
すると、やる気を持って取引の臨むことができないでしょう。
必要なものを調べて、判断しましょう。

サポート体制を調べよう

取引を進めているうちに、トラブルが起こってしまうかもしれません。
自分の力で解決できないと思った場合は、サポートセンターに相談してください。
サポート体制が充実しているというのも、業者を選択する時に欠かせない条件です。
特に、海外の業者を使おうと思っている人は注意してください。
すべて英語だと、相談する時も英語を使わなければいけません。

英語が苦手な人は、トラブルの内容をうまく伝えることができません。
するとどんどん、トラブルが大きくなってしまいます。
海外の業者でも、日本語に対応しているところがあります。
そこなら、日本語で相談できるので、トラブルが大きくなることはありません。
万が一の事態も想定して、業者を決めましょう。


▲ TOPへ戻る